「振袖を着る日に生理が来そう…」

生理の日に着物でお出かけとなると、着物を汚しそうで不安に感じる人は多いはず。でも大切な日に着物姿を楽しめないのは、もったいないですよね。着物を汚さない対策をしっかり準備して、楽しく出かけましょう!

また万一生理で着物を汚した時の応急処置も知っておけば、さらに安心です。今回は生理で着物を汚さないための予防対策、そして経血汚れの対処法をご紹介します。

汚れを予防!着物を着る日用の生理用ナプキン選び

成人式や結婚式等のイベントの日は、スケジュール的になかなかトイレに行きづらいこともあります。大切な振袖や着物を生理で汚さないように、吸収力のある生理用品の組み合わせを選びましょう。

長時間用タンポン+長時間ナプキンが便利

多くの人が生理日に着物を着る時に取り入れているのが、長時間用のタンポンにナプキンを組み合わせる方法です。タンポンは、立ち上がった時の経血漏れの心配が少ないのが魅力。さらに長時間向けナプキンを組み合わせれば、量の多い日でも安心です。

ナプキン単体なら紙おむつタイプを

「タンポンに慣れない」という場合は、紙おむつのようにお尻全体をカバーする夜用ナプキンを使います。ただしオムツタイプは、薄手の着物には不向き。振袖のように生地のしっかりした袷(あわせ)の着物なら大丈夫ですが、薄手だとヒップラインがもたつくことがあります。

またオムツタイプの生理用ナプキンは穿き込みが深いため、着物を着た際のトイレでの着脱が難しいことも。なるべく浅履きタイプの製品を選びましょう。また脱ぐ時には「足から脱ぐ」のではなく、脇からナプキンを割くようにして外した方がラクです。

タンポンもオムツタイプのナプキンも、スムーズな着脱にはある程度の「慣れ」が必要です。「振袖を着る日に生理が来そう…」とわかったら、早めにサニタリーグッズを買って練習しておきましょう。

着物でも使いやすいサニタリーショーツを準備

着物を汚す心配を少しでも減らせるよう、生理用のショーツである「サニタリーショーツ」にもこだわりましょう。振袖等の着物を着る時に穿くサニタリーショーツは、以下のようなものがおすすめです。

1)ローライズタイプのもの:穿き込みが浅い方がトイレで着脱がしやすいです。

2)ダブルクロッチでナプキンのハネが表に出ないもの:着付けの時に下着になっても安心です。

3)クロッチからヒップ部全体が防水布になっているもの:ヒップ部まで防水の方がガード力が高まります。

特に裏面の「防水布」の使われ方は要チェック!しっかりした防水布が使われていれば、万一の経血モレをガードして、襦袢(じゅばん)や振袖に汚れが付くのを防いでくれます。

サニタリーペチコートでさらに安心!

洋服の場合だと、生理時にショーツとガードルを重ねる人も多いのでは?でも着物の場合だと帯や紐等の着付けによる締め付けがあり、さらにガードルを穿くと苦しくなることがあります。生理モレの予防なら、ガードルよりも軽やかなペチコートがおすすめです。

防水仕様のサニタリーペチコートやサニタリーペチパンツなら、生理の時の万一の後ろモレもしっかりカバー。ペチコートなら薄手なので、着物のインナーである裾よけ(すそよけ)の下に着込んでも、ヒップラインがモタつく心配がありません。

特にクリーム色等の「地色が薄い着物・振袖」を着る場合は、ほんの少しの血液モレも目立ちやすいもの。このような生理用インナーの準備もしておいた方が安心です。

生理の汚れが着物に付いた時の応急処置は?

「万全に準備をしたつもりだったけど、生理の汚れが着物に付いた…」外出先で経血のシミに気づいた時には、どうしたらよいのでしょうか?

絞ったハンカチで血液汚れを応急処置!

生理による経血の汚れは、早い段階なら「水」である程度溶かし出すことができます。「ほんの少し血の汚れが付いた」「今、トイレで汚れが付いたばかり」といった場合は、絞ったハンカチで応急処置をしてみましょう。

用意するもの

・ハンカチかタオル:3枚以上

・水(水道水)

生理汚れが付いた着物の応急処置手順

1)1枚のハンカチかタオルは、汚れた部分の裏にあてておきます。

2)もう1枚のハンカチを水で濡らして、固く絞ります。

3)シミのある部分を2)のハンカチでトントンと軽く叩き、汚れをハンカチに移していきます。

4)常にハンカチのキレイな場所が着物にあたるように、ハンカチを動かします。

5)汚れが取れたら、別の乾いたタオルかハンカチで軽く叩き、水分を十分に吸い取ります。

※ハンカチはしっかりと絞り水気を切りましょう。水気が多いと「輪ジミ」の原因になります。

※強くこする・叩くのはNGです。生地をいためたり、汚れを奥に押しこんでしまいます。

※お湯・ぬるま湯は絶対に使わないでください。温度で経血が固まり、汚れが取れなくなります。

何もしない方が良い時もある

上記でご紹介した応急処置は、いつでも使える方法ではありません。以下のような場合には、応急処置をしない方が良いこともあります。

応急処置をしない方が良い場合

・シミの大きさが2センチ以上:染み込んだ経血の量が多く、水ではシミが落としきれない

・シミがいつ付いたかわからない:体温で経血のタンパク質が固まり、落ちにくくなっている

・刺繍や金箔等がある位置に経血シミがある:水を含ませると変色等が起きやすい

特にシミが大きい場合やシミが付いてから時間が経っている場合、無理に「シミを落とそう」とすると着物に「輪ジミ」ができてしまうことも。また刺繍や染色が変色してしまった場合、専門家でも元に戻せないケースが少なくありません。

生理の汚れが着いた着物は早めにクリーニングへ!

生理の汚れが付いた着物は、できるだけ早くクリーニング店に持ち込みましょう。経血の汚れは時間が経つほど繊維に固まってくっつき、取れないガンコな汚れになります。放置しておくと「クリーニング店でも落ちにくい汚れ」となりかねません。

また応急処置でシミが目立たなくなった場合でも、必ず専門店でキチンと着物のシミ抜きをしましょう。生理の経血にはタンパク質が多く含まれるため、残った成分に雑菌が繁殖しやすく、カビや変色等の原因となりやすいのです。

なお着物・振袖に付いた生理の汚れ(血液汚れ・経血汚れ)は、一般的な「着物丸洗い(ドライクリーニング)」ではキレイに落としきれません。キチンとした「着物のシミ抜き」ができる着物専門のクリーニング店に相談をしましょう。

おわりに

生理で着物を汚さないための予防対策や対処法はいかがでしたか?着物・振袖の経血汚れは、自宅での対処がほとんどできない困ったシミ。予防対策でできるだけ汚れを防ぐことが肝心です。

なお生理周期は突然ズレることも多いもの。「生理日と振袖を着る日、たぶん当たらなそう」という時でも、万一のために生理対策をしておきましょう。